【逆風に負けるな!】ヨット理論とは?

かいり
こんにちは!かいりです!
最近はめちゃめちゃ寒いですねw
東京でも雪が降るだのなんだの言っていたり
相変わらずコロナがすごくて最近家から出ていないですw
寒いのも苦手ですし、コロナも怖いですからね!
さて、今回はマインド的な部分の話で、
【ヨット理論】
という理論について話していきたいと思います!

ヨット理論とは?

「ヨット理論」

この単語を聞いたことがある人はあまりいないかもしれませんね。

 

これは、要するにビジネスにおける考え方を

ヨットの構造に落とし込んだ考え方になります^^

 

この理論を考える上でまず思い浮かべて欲しいのがヨットの進み方になるのですが

ヨットって後ろから追い風が来ている時に帆を張るとどんどん前に進みますよね?

 

では逆に向かい風が来たらどうでしょう?

向かい風が来たらヨットは後ろに進んでしまうのではないか?

どんどんと悪い方向に進んでしまうのではないか?

ここの考え方がミソになるのが、この「ヨット理論」です^^

 

では、そう言ったところを踏まえてこの「ヨット理論」についてみていきましょう。

 

どういう意味が込められているの?

ビジネスにおいても、追い風が吹いている時は

とことん調子が良くて、業績がどんどんと上がったりします。

 

調子がいい時はとことん調子がいい。

プライベートやお仕事に関しても同じようなことが言えると思います。

 

ヨットも追い風が吹いてくれていると

後ろから風が勝手に押してくれることで

なんの苦労もなくスイスイと前に進むことができますよね。

 

と、ここまではいいことですが、問題は追い風ではなく向かい風です。

向かい風が来た時ヨットはどうなってしまうのでしょうか?

それをビジネス的に考えると、どう言ったことがわかるでしょう?

 

逆風はチャンスと捉えよう

かくいう僕も、ビジネスを始めた当初、脱サラをするときなんかは

それはそれは向かい風にやられましたw

 

「ビジネスなんてそんなよくわからないものやらない方がいいよ」

「会社を辞めて今後どうにかなると思っているの?そんなんでうまくいくのなんて無理な話なんだから、会社員として真面目にやっていこうよ」

 

こういった批判的な意見は嫌というほど言われてきました。

これは一見周りの同意を得られなくて、ピンチな状況に見えるかもしれません。

でも、ここで一旦立ち止まって、考え方を改めてみるのです。

 

実は、向かい風が来てもヨットは前に進むことができます。

向かい風が来たときに、ヨットの帆を右左の交互に斜めに貼ることで、

ギザギザにヨットを前に進めさせることができるのです。

要するにピンチはチャンスということですね。

 

むしろ、風が吹かないことが1番のピンチです。

 

調子が悪いことがあったり、批判的な意見を受けた時も

自分の受け取り方次第で向かい風が吹いていても前に進むことはできます。

 

コロナのこのご時世にもこの考え方は使えると思っていて

たとえばとある美容室がコロナウィルスによる影響でお客さんが全然入って来なくなったそうです。

 

完全に向かい風が吹いている状況ですよね。

でも、じゃあこの美容室はその向かい風を使ってどうやって前に進んだのか?

 

この美容室は、クラウドファンディングを使ってその向かい風でヨットを前に進めました。

クラウドファンディング美容室の維持費を支援してくれる人たちを募ったのです。

 

ですが、「ただ美容室を維持したいからお金をください」だと

誰もそこに投資をしようとは思ってくれませんよね。

 

クラウドファンディングには「返礼品」という物があります。

簡単に言うと、「お金を投じてくれた人に贈るお礼の品」ですね。

 

この美容室は、その返礼品として、

コロナウィルスが落ち着いた時に美容室で使える「割安の回数券」を配ったそうです。

 

これでクラウドファンディングは大成功。

その美容室は無事ピンチを切り抜けるどころか、

さらにお店の知名度を大幅に上げるというチャンスに変えてしまったのです。

 

ビジネスに限らずですが、新しく何かを始めるときや

環境を変えた時には向かい風が吹くかもしれません。

 

ですが、一度立ち止まって、視点を変えて考えてみることで

このようにピンチをチャンスに変えることはできます。

 

僕も脱サラする時には色々なことを言われました。

「手に職を持って安定的に仕事をやっていた方が間違いない」

「そんな危ない橋を渡って失敗するより、失敗しない会社員でい続ける方がいい」

 

こう言った意見はものすごく多いです。

でも、これも考え方を変えてみるのです。

 

みんながこうして挑戦をしていないからこそ、勝てる要素がある。

逆に全員が挑戦をしていたら、ライバルが多すぎて勝つことが難しくなる。

 

このようにヨット理論に自分の考えや

行動ベースを落とし込んで動いてみるのもいいかもしれませんね^^

 

まとめ

いかがだったでしょうか?

何かに挑戦しようとして批判的な意見を浴びたり

新しい環境に飛び込んで出鼻を挫かれるというのは

誰しもが経験することではあると思います。

 

ただそこで諦めてしまったり、落ち込んでしまうのではなく

一度立ち止まって考えてみてください。

 

  • 批判的な意見があるからこそ取れる手段がある
  • 出鼻を挫かれた今だからこそできる方法がある

 

これを読んでいるあなたが、

何かに挑戦しようと思ったときや、

壁にぶつかった時、

このヨット理論を思い出して

改めて今ある状況、物事を考え直して

向かい風を利用して前に進んでもらえたらいいなと思います^^

 

それでは、ここまでお読みいただきありがとうございました!

 

 

  • 今まで色々挑戦したが全然稼げていないというあなた。
  • とにかく稼いで人生変えたいというあなた。
  • アフィリエイトに興味はあるが何からやったら良いかわからないというあなた。

1から教えて欲しいという方は

下記ワンタップでLINEを追加して頂きメッセージを送ってみてください!

【LINE】友達追加はこちら↓

【Twitter】はこちら↓

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事